トップ > 記事一覧 > 記事一覧 > モノ > くろころみかん
2018.11.1

くろころみかん

記事一覧

石炭色のお餅を割ったら、まるごとみかんがこんにちは!炭坑のまち・大牟田の新名物です。

もっちりとした大福「くろころみかん」に使われているのは、大牟田で12月から1月の間にとれた「上内みかん」。みかん農家さんによる「上内みかんを使ったお菓子を作りたい」との思いから生まれました。

熊本県に隣接する暖かな気候の大牟田市は、実は温州みかんの名産地。日本で初めて早生温州みかんが誕生した地でもあります。

半解凍でいただくくろころみかんは、「シャクッ」「もちっ」とした不思議な食感。暑い夏にはもちろん、寒い時期にこたつでいただくのもおすすめです。

[INFORMATION]
■お菓子のキタハラ
住所:福岡県大牟田市吉野877-11(MAP
電話番号:0944-58-0915
営業時間:8:00~19:00

RECOMMEND POSTS
おすすめの記事
ページトップへ